受け売り注意!実務経験がほとんどない二流講師のひよこ食い!

僕のブログは多年受験をしたくない受験生が超短期半年〜1年位で受かる為に勉強を始める前から知っておくべき情報やそのツールの運用法、試験勉強の本質が極めてニュートラルな立場から書かれているブログとしてご支持を受けております。

特にある程度の実力者や初学者、独学者、やる気がある方、他資格受験生で何らかのアドバンテージをお持ちの方も多いです。

合格レベルにかなり近い方が合格を鉄板にする。!!

一見ずるい勉強法ですが正統派です。

当然ですが超短期で合格する事が最大の目的ですから受験するための勉強や、価値規範的な考えを振り回すまわりくどいやり方、どうでもいい低レベルすぎる問題意識、自分のビジネスに誘導するためにしつこく他者の批判や考え方、ツールなどの批判、足を引っ張ったりする方は、こういった試験の真実や実態が受験生目線で大胆に公表されることに不愉快に感じられる部分があるかもしれません。そのような方は閲覧注意。

従いペースが乱れるもの。必敗のコーチングなどにもとづくものは無視。

弱者の戦略に基づく変な問題意識は笑って無視です。

レベルを中庸化や多年化までさげて汎用性のある書き方はしてません。

皆さん。こんにちは。いつも僕のブログをご購読頂きありがとうございます。

この時期になると合格者を対象にしたようなひよこ食いなる商売が話題になります。そしてそれを食い物にするビジネスとか。

そもそも価値観は多様です。ヒントにはなってもそれはあまりビジネスに直接はあまり役立たないということを前提にした上で背景を理解して参加する人もいます。

色な意味で人とのご縁をつくりたいとか、様なバックボーンはあっても行政書士繋がりとしての様な人との価値観に触れたいなど。

そもそも人の集まるところにあれこれ理屈づけなどしてもあまり意味ないと思いますが。

受験生時代に独学で勉強した人でも良質な士業として成功したいという異業種交流に参加する位の気でいいと思います。投資をおしまないで。

一発合格でも多年化受験生で合格でもどこの予備校繋がりでもあんまり関係ないとおもうのです。

内容に対してよく吟味すべき点

BtoBビジネスなど過度に儲かってるなどとアピールしていないか?

BtoBなどといいながら、実際は限定された狭い内部社会での規範的価値観に基づくBtoCビジネス

経営戦略やマーケティングなどを講師の様様な保有資格の肩書で教えているかもしれないが実際は教えているご自身の実務経験はゼロに近い机上の資格のお勉強レベルプラスメインの実務能力、継続研修止まりで実務経験あるの??の講師、実はBtoCレベルの実務経験もないのでは?何故判断されるか?文章理解力、傾聴に問題ありそうだから。でももっと大切なのは人や事象に対しての想像力の欠如や自分の価値観の過度な押し付けかな?法律家や実務家以前の問題。

上記の理論がそもそも大学の入門書や基本書、専門書の受け売りカタログレベル

過度にコンサルが全てと強調。つまり細かい実務の中での事務や届け出などを書類上の書き方で本読めばわかる

などと軽んじている。で実際にこの方がやったらやたらと調べながらで時間もかかる。もしくは出来ない。挙げ句に表面上のパターン化されたコンサルしかできない。つまり基本や趣旨、理由付けを蔑ろにしているので表面上の現象から深い部分を読みとり次のステップに繋げることができない。

ワークショップでも個人の作業時間に使う時間、考えさせる時間が長い。講師の為の空き時間が多い。勘のいい客なら時間、コストのムダと気づく

例えば経営戦略やマーケティングの案件ならBtoBやBtoCの各の案件にどういう内容でどれくらいの数の案件に講師が携わったか?どのような実績をあげたか?経験?客観的に質問してみればいいかと。。。。

例えそれが総論や概論レベルであっても質や量の部分でも腰掛けレベルの方と実務経験者レベルは明確な違いがわかるから!

腰掛けレベルでも売り手本人がよければ価値観の多様性として尊重されるべきでしょう。

顧客からは、特に腰掛けレベルの売り手の投げやりで適当な態度、顧客の事を見下したような態度があれば不愉快だからそのサービスをセレクトするのを避けますけどね。

精、道楽やいい加減さは自分個人レベルにしておけば。なんです。

そうなれば腰掛けレベルの方が課題やポジショニングの違う個人に余計な介入する理由も必要もない。課題の分離ができれば他人を不愉快にする必要はないのだから。

腰掛けレベルと実務経験者レベルの話しはまた別の機会に。。。

にほんブログ村