1か月で引っ越してねその2

前回迄のあらすじ

突然1か月後の改装工事を伝えられ、

まさに今川に追い詰められた井伊家状態の佐藤サンプル

7月になってもまだ移転先は見つからず、どうするどうなる?

更に、10月はかっぱ橋道具まつりもあります。

今年は10月3日火〜9日月祝までの予定です。

一番営業しなきゃいけない時期にどうすんの?

道具街から引っ込んだ物件や、台東区のまったく別の場所ならあるよ。

と言われても、業務用の食品サンプルという道具街に特化した商品を

売っていますから、

他の場所で売るにはまた別の方法を考えないといけません。

しかも半年で戻るのですから、定着した頃にまた元の商売に戻すのもちょっと。

やはり1か月では無理なのか。

ただ、大家さんのむき出しになった壁に雨が降って、漏電でもされたら大変

と言う事情も理解はできます。

実際昨年は雨漏りで大型テレビサイズの段ボールに雨水が並と溜まったり、

片付けが大変でした。

そんな時ふと思いついた物件がありました。

以前かっぱ橋の青年会が蔵払いのセールを行っていた場所がありまして、

春の4月にSALEを行うのであれば、3月までそこを借りられないだろうか?

そういえば時スポット的にお店が入り、短期間営業している場所。

どこかと言うと、道具街北交差点にある高橋家具店さんの1階。

正直広すぎるし、階段で3階までつながっている為、

全部借りないといけないはず。

でも、何かやり方が無いだろうか。

こちらの社長が道具街の理事長をされているので、

組合の理事会の時、ダメもとで直接聞いていました。

ここの物件は今不動産屋さんに管理してもらっているので、

連絡させます。との事。

その後不動産屋さんからご連絡を頂き、物件も見せていただきました。

地下1階から2階まで1つの階段でつながっている為、

本来であればまとめて貸す予定だったが、

こちらの事情を聞いて、それでは貸していただける事になりました。

()()()()()()()()()()()()()()()

専務と二人、店の中で嬉し泣きしちゃいました。(;)

これでほっと一安心でしたが、実はまだ問題が。

更につづく