出産レポ(長文)

ようやく手術室に着き、

これで助かった!と

思った単細胞野郎はどこのどいつだぁ〜い?

私だよ!!(懐かし)

まずは麻酔を入れる準備をしないとね

処置開始〜麻酔の管を入れるまでも長くて、

しかも最初の麻酔の注射したり、管を入れる工程でも陣痛はこちらの都合なんてお構い無しにくるのでスムーズに進まない。

来る途中でハンドタオルを預かると

言われ渡していて、また手術台だから

掴まるところが一切無い状態。

陣痛の度に左腕を掴んで爪を立てて

耐えてました。

陣痛で力んでしまうので、麻酔の管が全部入りきらない?とのこと。

よくわからないけど、処置が進み

保冷剤を当てられ麻酔の効きを確認する作業が。なかなか効かない(笑)

暫くしてようやく麻酔が効き始めた。

陣痛の痛みが遠のき始めるが

もう放心状態。

何故か上半身がずっと震える。

看護師さん?&麻酔の先生に手を握ってもらう。

そして友達の弟君が処置についての説明や

色声をかけてくれる。めっちゃ心強い。

あなたが神か

そしていよいよ帝王切開か!と思いきや

この時歴史が動いた(違)

主治医の先生より

子宮口全開、赤ちゃんの頭が見えてる。降りてきているよ!これは下から生めるかも。吸引に切り替えましょう!

合図に合わせて力んで。先生(弟君)のことつかんで良いから。ほら体格良いから頼りがいあるよ!と。

感覚無いけど、お腹を押してもらいながら

合図に合わせて力む事2-3回。

会陰切開もされ

息子君誕生!

オペ室にいる人達から次と

おめでとうございます!と言われるも

疲労困憊で生まれても全く感動はなく

あー終わったー泣いてるー。という感想。

それより麻酔効いてるうちに全部後処理が

終わるかどうかが気になり何度も確認するチキン野郎。

だってこれ以上の痛みはいらないYO!

でも、よく聞いていた通り、

生まれた瞬間にこれまでの苦しい痛みは

スコーン!と忘れ去りました。

そして世の母親達への尊敬の念も生まれました。皆さんすごいわ!

学生さん達おめでとうございます。

見学させて頂きありがとうございました。

私いえいえ。何かうるさくしてごめんなさいね

学生Aいえ、とんでもないです〜

医者(学生達へ)なかなか無いケースだよ。

君たち貴重な体験したね〜

後に聞いたことによると、オペ室へ入ってオペしないで出てくるのは年に1-2回あるかないかのケースらしい

そして赤ちゃんが頭の横に連れてこられる。

助産師さんきれいな赤ちゃんですよー

ただ出産中に赤ちゃんが苦しい状態になってたのでこの後経過を診る為に少し入院になります。別れる前にチューします?

私(チュー)いえ、結構です。

助産師さんじゃあお母さんにタッチしてから行きましょうね〜

と赤ちゃんのあんよで私の頬にソフトな蹴りをくれ初対面は終わったのでした。

広告を非表示にする